読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニョニャム!お日様の下、カンボジア暮らし。

青年海外協力隊、環境教育、カンボジアの生活・自然・観光などについて紹介するブログです。いつもニョニャム(笑顔)を大切に、ありのままの日々を綴ります。

Clean up cityの前に、Clean up officeだ!

2日前の金曜日のこと。

 

前の記事に、カンボジアでは今週の水・金が一応平日だけど実質的には一週間ずっと連休なんですよ~と書いていました。しかし、金曜日の朝にCP(カウンターパート)に出勤するかどうか一応メールで尋ねてみることに。(しかし、この時すでに8時。)

 

すると、「今日はみんな働いているよ。」と返信がくる。まさか!!土日月火水木が休みで、また土日が休みなのに、今日だけ出勤…?

 

半信半疑でオフィスに行くと…普通にスタッフたちは出勤している!おぉ…!疑ってしまい、申し訳ない…。

 

連休中にあまりやることが進んでいなかったので、いそいそと作業していたら、

 

CP「今日、午後にオフィスの掃除をやるんだけど、Erikaも手伝ってくれる?」

 

私「OK!手伝うよ~!」

 

CP「Clean up cityの前に、Clean up officeだからね!

 

この一言に、じーんときてしまいました(;O;)そうだよね、「都市美化を推進する組織のスタッフ自身が、まず身の回りをきれいにしていく」という意識、すごく大事だよね!

 

スタッフ皆でランチに行った後、市場に掃除道具を買いに行き、オフィスアワー終了後17時ごろからお掃除開始。

 

もう外は暗いけど、みんなで床を箒で掃き、モップ掛けをし…(←なぜか時々順番が逆になる。)、4Fの掃除が終わったら、今度は4Fと3F(大臣室)を繋ぐ階段と踊り場も掃除…。

 

途中で通りがかった別の部署の人に、大変驚かれました。笑 そりゃ、連休明けの週末、しかもオフィスアワー後で他の部署の人たちがすでに帰っている時間に大掃除してたら、びっくりするわ! (注:ここは、カンボジアです。)

 

「Clean up cityの前にClean up office」を実践したこの日の出来事のように、国を変えていく前にまずは自分たちから変わろうという意識が、カンボジアの行政官の間で広がったら、とっても素敵だなと思いました。

 

f:id:kirinnomori:20151018230014j:plain

 

と、あたかも他人事のように書いてしまいましたが、「自分がまず変わる」という意識を、誰よりも私自身が大事にしていきたいと思います。

広告を非表示にする