読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニョニャム!お日様の下、カンボジア暮らし。

青年海外協力隊、環境教育、カンボジアの生活・自然・観光などについて紹介するブログです。いつもニョニャム(笑顔)を大切に、ありのままの日々を綴ります。

ショッピングの約束をドタキャンされたので、思い立ったが吉日、キリングフィールドに行ってきた。 その1

6:00a.m.  

平日と同じ時間に起床。メイクをして着替え、出かける支度をします。

7:30a.m.  

携帯にメール(英語)が入ります。「えりか、ごめんね。今日私は出かけられなくなってしまったの。友達から突然知らせたんだけど、学校の準備をしないといけなくて…(以下略)」 

今週の平日、勇気をふりしぼって同僚の女の子をショッピングに誘ったが、ドタキャンされてしまいました。ちょっとせつない。

9:00a.m.

出かける気力をなくし、ベットでごろごろ。うとうと。そのとき、この前Youtubeで観た池上彰「カンボジアの悲劇」という講義を思い出しました。

カンボジアでは、ポルポト政権時代に、人口600万人のうち300万人(注:この数字は諸説ある)が殺されたと言われており、その歴史の爪痕は未だ大きいです。しかし、ここまで残酷な「歴史」を、自分が今いる国で起こった「事実」として受け入れるのは難しいことでした。

それなら、実際に大虐殺のあった場所に行ってみて、「事実」をこの目で確かめに行こう。

 

トゥクトゥクの運転手さんに電話する。

私「ハロー!○○さん!元気??私、これからキリングフィールドに行きたいんだけど、9時半に○○番通りの家に来てもらえる?」

運転手さん「ハロー!そっちは元気?分かった、OKだよー!」

 

9:30a.m.

思い立ったが吉日、キリングフィールドに行くことにしました。

f:id:kirinnomori:20150808183904j:plain

 

その2へつづく