読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニョニャム!お日様の下、カンボジア暮らし。

青年海外協力隊、環境教育、カンボジアの生活・自然・観光などについて紹介するブログです。いつもニョニャム(笑顔)を大切に、ありのままの日々を綴ります。

アンコールワット国際ハーフマラソンに出場!の巻

12月4日に、アンコールワット国際ハーフマラソンに参加してきました。 普通の街中で開催される大会とは一味も二味も違う、アンコールワットハーフマラソンの様子をお伝えします。来年は出場してみようかなと思ってくれる人が増えたら嬉しいです^^ レース前…

リゾート開発が進むロン島。住民の生活が豊かになるには?

また更新が滞ってしまいました(・・;) 今回は、活動で関わりはじめたロン島という島について紹介します。 日本人の観光客も増えてきているようで、日本語の観光情報は結構出回っているのですが、島の人の暮らし、行政の取組という別の視点から、ロン島につい…

写真好きの人必見!メコン川のサンセットツアーは、景色のダイナミックな変化が楽しめる

先日、友達と一緒に、メコン川のサンセットツアーに行ってきました!このツアーの魅力は、なんといっても日が沈むにしたがっての光の変化、川岸の変化(大都会〜農村)がかけ合わさり、ダイナミックな景色の変化が楽しめることです。 記事の最後にボート乗り場…

森の静けさに包まれた、サンボープレイクック遺跡の知られざる魅力とは?

首都プノンペンからバスで約4時間半の所に、コンポントム州があります。さらに州の中心部から車で30分のところに、カンボジア第三の世界遺産候補といわれるがサンボープレイクックという遺跡があります。ここは、アンコール王朝時代のひとつ前の王朝があっ…

お坊さんたちと植林活動!の巻 その2

お坊さんたちと植林活動の巻!のつづきです。 昼食後、植林をおこなった村を後にします。バスに乗って出発! タケオ州は一大稲作地帯。このように、一面広がる田んぼにぽつんと木々が生えているという素朴な風景がつづきます。とっても綺麗。 …と、車窓の風…

アンコールクッキーを心の中に

カンボジアでは近年観光業が盛んになってきていますが、観光地にはお菓子などのお土産品が少ないです。そもそも、観光に行って家族・友人・職場にお土産を買って帰るというのは、日本独自の文化なのかな…? お土産屋さんが少ないなか、シェムリアップに日本…

プノンペンの若者のトレンド?!メコン川を越えてサイクリングツアーに行ってきました

もう2週間ほど前の話ですが、カンボジア人の仲間たちとメコン川にサイクリングに行ってきました。サイクリングは最近の若い人のトレンドだそうです。 プノンペンの中心地から川を渡っただけで、自然豊かな農村を見られることに、とても驚きました。サイクリ…

アドベンチャー度★★★ バンティアイチュマー遺跡

バンティアイチュマー(Banteay Chhmar)遺跡は、12世紀アンコール時代に造られた遺跡で、タイとカンボジアの国境の近くにあります。首都のプノンペンからのアクセスは、バスで7時間+車で1時間ほど。 800年もの間、遺跡は発見されることなく残っていたそうです…

水上村、焼き物やレンガ造り…見どころいっぱい!コンポンチュナンの魅力

首都のプノンペンからバスで1時間半のところに、コンポンチュナン州というトンレサップ川沿いに広がる地域があります。 コンポンチュナン(Kampon chhnang)は、クメール語で「焼き物の港町(Port of Pottery)」という意味です。なんだか、名前からしてとって…

バナン遺跡めぐりと洞窟探検!in バッタンバン州

バッタンバン州のバナン遺跡について紹介します♪ アンコール時代の11世紀中ごろに建てられた遺跡です。 カンボジアの他の遺跡と同様、まずは山を登る。 5つの塔があります。あちらこちらガタがきているようで、一部修復中。 塔の中はこんなかんじ。どうか崩…

メコン川のトロン島が欧米人に人気な理由

だいぶ更新が滞ってしまいましたが、クラチェ旅行のつづきです。 トロン島(コットロン)ってどんなところ? メコン川の中州にある、全周9kmほどの小さな島です。欧米人観光客のひそかな人気を集めています。 トロン島への行き方 船乗り場から、まずトロン島…

カンボジアでぜひ行ってほしい!クラチェ州の7つの魅力

先週末に、2泊3日でクラチェ(Kratie)州というところに行ってきました。おそらく、日本人にはあまり知られていないであろうこの州。行ってみたら、この地域ならではの魅力に溢れているところでした!!! 1.きれいな街並み プノンペンに比べると、奇跡的…

山の上にあるお寺 ワットプノン

カンボジアでは山の上に神様を祭っているところが各所にあります。 参考:「うどん」はいかが? プノンペンにはワットプノンという観光地があります。こちらは、神様を自分たちより高い所で崇めるために造られた、人工的な小さな山です。ワットは寺、プノン…

ショッピングの約束をドタキャンされたので、思い立ったが吉日、キリングフィールドに行ってきた。 その3

その3 には、ショッキングな内容が多いです。ご了承ください。 池の周りを歩き、再び本ルートに戻ると、このような標識がありました。 Don't step on bone 最初はよく分かっていなかったのですが、自分が歩いているすぐ脇に広がるこのような窪地は、かつて…

ショッピングの約束をドタキャンされたので、思い立ったが吉日、キリングフィールドに行ってきた。 その2

そもそも、キリングフィールドって何? キリングフィールドとは、ポルポト政権時代に大量虐殺が行われた刑場のことをさします。その最も有名な刑場が、プノンペンの郊外にあるチュンエク大量虐殺センターです。 プノンペンからチュンエク大量虐殺センターま…

ショッピングの約束をドタキャンされたので、思い立ったが吉日、キリングフィールドに行ってきた。 その1

6:00a.m. 平日と同じ時間に起床。メイクをして着替え、出かける支度をします。 7:30a.m. 携帯にメール(英語)が入ります。「えりか、ごめんね。今日私は出かけられなくなってしまったの。友達から突然知らせたんだけど、学校の準備をしないといけなくて…(以下…

「うどん」はいかが?

明日は、とうとう配属先の観光省NCCA(都市美化評価)に表敬訪問です。実際の配属は24日からですが、これからどんな嵐のような日々が待ち受けているのか、不安で仕方がない・・・。笑 嵐の前の(?)最後のお休みには、1628年~1866年にカンボジアの首都であっ…

おてらにおじゃま。の巻

今日の午後はオリエンテーションが何もなかったので、市内のお寺をめぐってきました。(も、もちろん、勉強もしてるよ…!) 一か所目は、モハモンティ寺。さっそくマイナーどころをせめます。 おそらく外国人があまりいないエリア。お寺の周りにいたトゥクのお…